夏休みに何をするかで結果は変わります!

こんにちは

TDS(株)のスタッフです。

テストも終わり、これから、夏休みという学生も出てきているこの時期、インターンの合否も出てきている頃だと思います。
希望の結果となった学生もそうでない学生も、就職活動においてこの夏の過ごし方が来年の内定先に大きな影響を与えます。

インターンが決定した人で、長期型ではなく、選考型やワンデーの場合、1日や数日での参加では就職活動に必要な能力は上がらず、あくまで得られる収穫としては、選考型で結果を出せた人は本選考での優先切符の獲得、そうでなかった人は、参加している学生と自分自身との力の差を感じ、それを変えるキッカケを掴む事。
つまり、インターンでは元々持っている能力を企業に見定められる場であり、能力を直接的に上げる場ではないのです。

次に元々、インターンに進む事が出来なかった人にとっては、現状の能力では、通用しなかったという自身の身の丈を知る機会となったはずです。

元々能力が高い学生を除き、インターンで結果を出せず、そのまま来年を迎えても、インターンより難易度が高い本選考で良い結果が出る訳がありません。

しかし、その事実に悲観するのではなく、それを踏まえてこの夏休みは、現状の能力を認識し、それと企業が求める水準とのギャップを埋めればいいだけです。

でも先輩はそのギャップを埋められないまま、本選考の時期を迎え、そして、ブラック・中小・ベンチャーという状況です。

もし、同じ結果にはなりたくない、良い企業に就職をしたい、という気持ちがあるなら是非とも無料セミナーに来て頂ければと思います。

今月の開催は満員ですが、来月も下記の日程で開催予定です。

<大阪開催>
8月27日(日)11時-14時
(満員)
<川崎開催>
8月19日(土)11時-14時
8月26日(土)11時-14時

無料セミナー参加はこちらから