長期休暇は将来を考えるチャンス

こんばんは

TDS(株)のスタッフです。

長期休みに入り、地方から出てきている人の中で帰省している人も少なくはないのではないでしょうか。

そして、地元に戻ってしばらくは友達と遊ぶ予定があっても一通りして、暇になってしまっている時期かもしれませんね。

そういった時に無理やり、その暇を潰す方法を探すのではなく、特に来年就活を控えている学生は、自分がどのような仕事をしたいのかを見つめ直しても良いかもしれませんね。また、この時期は父親も同じく夏休みに入っていて家にいて話す事が出来る機会がある人も多いと思います。こういった時にこそ、社会に出て働いている親と会話をしてどのように働いて来たのかを聞いてみたり、自身の考えている将来像について話してみてはいかがでしょうか。
その中で、実際に働くイメージや働きたい業界や企業について考えてみるのも良いかもしれません。

ただ、注意をしたいのが、想いを持つ事が則ち内定に結びつくわけでなく、あくまで採用されるために必要なもの、例えば経験や能力等が備わっていてようやく内定に繋がるという事も理解をしておく必要があります。

ただ、経験はまだしも、能力についてはテストの力以外はなかなか可視化が難しいですし、どうやって上げれば良いかもわからないですよね。その能力の可視化や、上げる必要のある能力、その方法について、無料セミナーでは一部上場企業の役員として営業と人事の責任者を兼任し、更に就活の支援にて独立し、圧倒的な成果をあげてきた講師が話をしていきます。

大阪は満員ですが、川崎の開催はまだご予約が可能です。

<大阪開催>
8月27日(日)11時-14時(満員)
<川崎開催>
8月19日(土)11時-14時
8月26日(土)11時-14時

無料セミナー参加はこちらから