就活モードへの切り替えはお済ですか?

こんばんは

TDS(株)スタッフです。

2月の3週目に入り、ほとんどの学生がテストが終わったのではないでしょうか。

短い2月も間もなく折り返しに差し掛かり、就活本番である3月1日まであっという間です。
就活を控えているものの、何も出来ていない学生が就活モードに切り替える最後のチャンスです。

クドすぎるほど、クドく言っておりますが、就活の成果は就活開始前の準備の量と質に大きく左右されます。

この就活と準備の関係性は、ほとんどの学生が経験をしている受験とほとんど同じで、偏差値50の人がぶっつけ本番で早慶を受験して合格する事は絶対、絶対に不可能ですよね。もし、ぶっつけ本番で早慶に合格出来る人がいるとしたら、元々天才的に勉強が出来る人くらいです。そうでない、平凡な人が早慶を偏差値50から目指すためには、現状の偏差値と合格圏の偏差値までのギャップを受験本番まで勉強、つまり、準備をする事によって埋めますよね。

ここであなたの事を振り返ってみましょう。
就活において必要な科目は大きく分けて
①書く力②話す力③テストを解く力
と3つありますが、あなたはこの力は天才レベルに秀でているでしょうか。
ほとんどの学生が自信がないか、そもそも自身がどのくらいのレベルにあるかがわからないという学生も非常に多いと思います。それは、③のテストを解く力以外については可視化が非常に難しいからです。ただ、自信の偏差値を把握しないまま闇雲に勉強をしても受験勉強では成果は上がりにくく、それは就活においても同様です。

では、どうすればいいのか?

一度、弊社の無料セミナーにお越し頂ければと思います。
就活塾を創業し、間もなく10年を数える実績を誇り、元一部上場企業の営業と人事の役員経験を持つ講師が貴方の持つ就活における能力の可視化と、これからどういった準備をすべきなのかどうかをお話致します。

2月の無料セミナーの開催日程はこちらです。
・川崎開催
2月の開催は終了しました。近日中に3月の日程を開示致します。
・大阪開催
2月18日(土) 11時ー14時

無料セミナー参加はこちらから