意味のある就活をしていますか?

こんばんは

TDS(株)スタッフです。

就活がスタートし、もう早くも3月の折り返しが過ぎました。

ESの締め切りも次々に到来する中、企業研究をしないとって説明会に足繁く通っている学生が多いかもしれません。
ただ、その企業説明会に出る、という行為は本当に就活をする上で意味のある努力と言えるのでしょうか。

今日はそれについて少し具体的に書いていこうと思います。

最初に結論から申し上げると、任意の説明会に出るという事には意味がないと考えております。

説明会に出るいつかある意義のうち、もちろん企業についての情報を収集するためというのと、実際に人事や先輩社員などの会社の人と会える事から社風がわかるという点が挙がってくるのではないでしょうか?

まず、前者から言うと、その説明会から得られる情報というのは、その説明会でしか得られないものなのでしょうか?
それについて考えを進めるにあたって、もしあなたが企業の社長と仮定して考えてみた時に、株主と採用するかどうかはわからない就活生のどちらを大切にするかどうかというと直接の利害関係が生じる株主という事は言うまでもないでしょう。

ただ、この株主は企業説明会にくるのでしょうか?答えはノーです。
企業説明会は概して就活生向けのものであり、株主が出席する事はありません。

では、会社としてどのような形で株主に対して情報を発信するのでしょうか?
文系の学生なら少しは大学講義で触れた事があるかもしれないこのワード、IR。

これは Investor Relationsの略称で、その定義としては企業が投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報を発信する事です。これはHP上に掲載をされています。

ただ、これだけその会社にとって重要な情報を企業説明会で聞いたという学生はきっと皆無なはずで、その説明会で得られる情報は実はHPを見ればわかる内容でしかなく、このことにうすうすでも気づいている学生も出て来ている頃だと思います。
この事実を知ったうえで、あなたはまだ説明会に行く意味を見出すでしょうか。

ただここで、社風がわかるから、という主張が出てきがちですが、よくよく考えてみますと、数百人や数千人の従業員がいるうちで、その中の数人と会っただけで社風を感じることは出来ないと考えます。それに、こういう社風だ、と自身の価値観で決めつけ、ある意味、憧れのような感情を抱いて実際に入社したが、それと実際の社風とのギャップがあればあるほど、思い悩み、苦しんでしまう人も少なくありません。

このように、みんなが当たり前のように出席をしている企業説明会ですが、考えれば考える分だけ、出る意味がないものだと少しはお分かり頂けましたでしょうか。
それに加え、その会社を受ける学生の大部分が出席するかもしれない説明会に出る事で他の学生と差別化を図れるかというと、出来ない学生がほとんどなはずです。

ここで、差別化というキーワードを用いましたが、もし、あなたが他の人と差別化の図れた能力や経験も持っていないという自覚がお有りで、でも誰でも知っているような会社に入りたいと願われるのであれば、差別化を図った「就活の方法」と「努力をする事」が重要になります。

その具体的な方法については、無料セミナーでお話をしていきます。

3月の川崎での開催です。

3月25日(日)11時ー14時

無料セミナー参加はこちらから