4月です。

こんにちは。

TDS(株)スタッフです。

4月に入りました。
就活本番は開始してからどれだけの活動が出来たでしょうか。

選考のスタートラインに立つための最初のステップであるESの提出を一社でも多くした方が良いとわかっていつつも、なかなか筆が進まないまま時間だけが経過し、締め切りに追われている人が多いかもしれません。もしくはやはり量よりも質の方が大事だ!と提出数を絞っている人もいるかもしれません。

ただ、ESの量を出せない根幹の理由をしては、「書く力」これが欠如しているに他ならず、それから目を背けて、企業研究をしなきゃと、企業説明会に出たり、そこで貰ったパンフレットを見たりとESに取り組む時間が少ない事にあると思います。
正直なところ多くの学生が少なからず心当たりがあるのではないでしょうか。

結局のところ、ESに取り組むにあたって重要な事は大枠で言って2点で、それは
・数を書く
・質を上げる
これをどれだけ高められるのかにつきます。

でも、多くの学生はESを甘く考えすぎていて、それで今設問を納期を突き付けられ、必死にじたばたしているか、半ば提出を諦めるという構図にあるはずです。

そう言う根拠としては、あなたは受験勉強に大体1年間の準備をしてきたはずだと思いますが、受験勉強よりも重要なはずの就職活動の準備に割いた時間はどれほどだったのでしょう。どこまでいってもESは受験勉強、その中でも私大受験の3科目の中の「国語」にあたり、その準備無しに難関大学への合格はなし得ないのは周知の事実です。

ただ、この時期からだと書く力を上げるのにも限界があるのではないかと考える学生がほとんどかもしれません。
ただ、今からでも合理的で意味のある努力をすれば間に合うとしか言いようがありません。

もし、ESの提出数や書いてる内容が本当に的を射たものなのかに不安がある人は一度、無料セミナーにお越し頂けたらと思います。

もしかしたらセミナーに行くのが怖い、と感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、他の塾では一部あると聞いている営業行為などは一切致しませんので、ご安心を頂けたらと思います。

今からでも大手企業への内定を諦めたくないとお考えの方は一度お話を聞きに来てみて下さい!

4月の日程はこちら

<川崎開催>

・4月14日(土)13時ー16時

<大阪開催>

・4月21日(土)16時ー19時

無料セミナー参加はこちらから